クレジットカードの審査に通るために工夫すべき方法

クレジットカード,審査,基準

クレジットカードの審査は、初めて金融機関の融資を受ける時には、必ず通らなければならないステップです。

 

どうすれば審査を突破できるかですが、金融機関ごとに審査の基準が違うので、決まった方法はありません。

 

しかし、クレジットカードの審査に通りやすいように工夫をすることは可能です。

審査を通る工夫

クレジットカード会社の審査に通りやすい方法としては、まず金融機関から求められるすべての情報に記入することが挙げられます。

 

金融機関では申込みした人の情報は、少しでも多くの情報を入手した方が、より詳しく評価できるようになるからです。
年収や、勤続年数など、ちょっとした数字に関しては、問題が発生しない程度に、多少はいい方向に解釈して書く人もいます。

 

実際の数字と大幅に違っていると問題になりますが、解釈の違いで済む程度ならば、多くしておいてもいいでしょう。
今の会社に勤めて5年と書きつつ、実際は5年弱だったり、年収300万円と書きつつ、実際は300万円弱だったというものです。

 

その結果として、クレジットカードの審査に通りやすい状況を生み出すことが可能となります。

 

クレジットカードの申込みをする時に記入する情報としては、多少の加味をすることは、審査上は特に問題がないようです。
しかし、数値が現実とは大きくかけ離れてしてしまうと逆効果となるため、注意をする必要が出てきます。

 

その他に、クレジットカードの審査で評価が高くなりやすいこととして、
給与引き落としに用いている銀行のクレジットカードにする等の方法があります。


クレジットカードの審査の基準について

アルバイトや、パート勤務で正社員ほどの収入が得られていないという人でも、クレジットカードは使えるようになっています。
反対に、正社員として働いているにもかかわらず、クレジットカードの審査に通らなかったという人も少なくありません。

 

クレジットカードには段階があり、審査に通りやすい順番で、

  1. ノーマル
  2. クラシック
  3. ゴールド
  4. プラチナ

です。

 

クレジットカードの中でも、ノーマルや、クラシックなら、非正規労働者でも、収入額によっては審査はパスできるものです。
正規雇用で長年仕事をしているのに、クレジットカードを発行されなかったという人は、審査でどこが引っかかったのでしょう。

収入よりも信用

個人信用情報で、何らかの問題があると見なされた場合は、正社員として収入があるような人でも、審査に通らないことがありえます。

 

審査では、過去のキャッシング履歴や、現在の利用歴を調べて、借りすぎていたり、延滞などの経歴がある人は、低く評価しています。
そのため、かつて借りたお金を返すことができなくなり、債権整理などをしたことがある人は、クレジットカードがつくれません。

 

年収が高くても、毎月コンスタントに収入を得られていても、支払いを遅らせたことがあると、信用のない人と見なすわけです。
キャッシング会社の視点からすると、貸したお金を返済しようとしない人は、収入が十分に得られていないという人よりも問題視しています。

 

顧客として望ましいのは、収入が多いかどうかより、きちんと返してくれるかどうかです。

 

クレジットカードの審査では、個人信用情報に記録が残っている範囲だけを見ていますので、
キャッシングの延滞などは、延滞の記録が消えるまで数年待てば問題ありません。

クレジットカードの審査に落ちる理由とは

クレジットカードの申し込みをおこなった際に、まれに審査に落ちるということがあります。

審査に落ちる理由

書き漏らし・書き違い

氏名、生年月日、住所、勤務先の名前など、クレジットカードの申込用紙の書き漏らしや、書き間違いはないようにしましょう。
申込みをした人の収入がどれ位あるのかは重要な審査ポイントなので、勤務先の情報は必ず記入するようになっています。

 

勤務先の在籍確認

クレジットカードの審査に通らなかった原因として考えられることが、その会社で働いている確認ができない場合があります。
在籍確認の手段として、クレジットカード会社は、直接その会社に電話をかけて、申し込み者と同名の社員がいることを確認します。
もし勤務先で実際に勤めているという在籍確認が取れない場合は、その時点でクレジットカードの審査に落ちることになるわけです。
会社に勤めていないということであれば、収入が無いという判断がされて、審査に通ることはありません。

 

虚偽の申請

申し込み書類に書いたほどの収入がないという問題はさることながら、事実と異なる内容で申し込みをすると、
よくないことだと判断されます。
クレジットカードの申込み時には、実際とはあまりにもかけ離れた情報を記入することはおすすめできません。

 

他社の借り入れ・返済状況

それ以外に、クレジットカードの審査でよくない評価が下ったという場合は、他社借入件数が多すぎたり、
借りたお金の返済が現段階でうまくいっていないという時
などです。
金融会社は、申し込み者一人一人の信用情報や、過去に問題を起こしていないかを探り、いくらなら貸しても大丈夫かを推測します。
ほかの金融会社からの借り入れが多額にある場合は、返済能力が少ないと判断されて、審査に落ちることになるのです。

[クレジットカードの審査の基準]関連情報